2005年 04月 10日
おもひで
ベスティンカンティーナはにぎわってます。

モスアイズリーからやってきた頃(2月初旬)には、2,3人居ればいい方だったここベスティンも、
今じゃバンドグループが10名超えることがしょっちゅうですからね。
常連さんもちょくちょく顔を出してくれますし、にぎやかにぎやか。



ベスティンに来たばかりのころの思い出話。
一人でひっそりとスライサーホーンを吹いていたら、その男はやってきた。
ロングコートにギターをかかえたその男は、自らを流しのロックスターと名乗り、
泡エフェクトと録音再生機能の載ったドロイドを駆使し、
たちまち静かだったベスティンカンティーナを熱狂の渦に巻き込んだ。

Yeah!

声につられてお客さんがやってくる。
聴いてるだけだったお客さんが、ひとりふたりとエンタのスキルを取ってきて踊り出す。
楽しかったー。

今持ってるマイドロイド「RINGO」は、あの時のロックスターのドロイドをまねて作ってもらったものです。色も赤。
いつか自分も辺境の地へ流しのギター弾きとして行ってみたいな。

あ、そのロックスター。
名前をすっかり忘れていたんですが、後に判明。
シードで活躍されているデスペラードさんでした。

あの夜、一緒に演った人たちはその後エンタをやってるだろか?
名前忘れちゃった。7,8人は居たけどなぁ・・・残念。
[PR]

by jacob_harla | 2005-04-10 15:03 | カンティーナ日記


<< ブログタイトルについて      ニカッ! >>